スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左利き考察?

ある日。
講習会に参加した4人のうち、偶然にも3人が左利きということがあって
(うち1人は外国出身)
つい左利きの苦労について雑談がはずみました。

「日本に生まれた左利きは強制的に両利きになる」
「左利きには器用と不器用の二つの評価がもれなく付いて回る」
これが今回の雑談のテーマになりました。

たとえば自販機。
自販機の正面に立ち、いざコインを入れようと思った時、
左手では相当入れにくい位置に投入口があります。
右手に財布を持つ左利きがこれを使おうと思うなら、
左手でコインを出し、右手に持ち替えて投入するか
左手で投入するために自販機に対して相当右側に立つ必要があるでしょう。

たとえば事務用デスク。
さあ座りました。いざ作業の時です。
引き出しを開けるために使う手は右です。
だって机の右下側に引き出しがついているのですから。
左利きは違和感を覚えながら引き出しを開けるのです。

たとえばハサミ。
子どもの頃、図工の時間に不器用だとか
ハサミの使い方が下手だとか言われたことはありませんか。
ただでさえまだハサミを使い慣れていないのに、
右利き用のハサミを使っているのだから当然なのです。

たとえば最近増えてきたセルフレジのカード挿入口。
硬貨投入口もそうですが、絶対に右手側にあります。
左利きにとっては地味に使いにくい仕様です。慣れたけど。

たとえば腕相撲。
遊びでも真剣勝負でも、左腕で勝負できたことは一度もありません。
必ず、利き手ではない右腕での勝負でした。
つまり毎回右利きにハンデをあげていることになります。
まあ女性同士の勝負なら、今までに一度も負けたことはないんですけども。

つまり、日常生活のほとんどすべてにおいて
日本に住む左利きは、利き手ではない右手を強制的に使わされる状況にあるわけです。
そこには高確率で、「不器用」という評価がついてきます。
でも、利き手ではないので当然なのです。

「あー、あるあるーwww 分かるわ私も苦労したwww」
「えー、自販機気付かなかったw 本当だ右利き用だw」
「へー、日本の左利きってそんな苦労あったのw
 私の国はそんなことなかったよ?」
「そうなんだよ、日本って本当に右利き社会なんだよw
 胸ポケットだって多くは左胸についてるだろ? 右手用なんだよ」
「あっ、言われれば確かに! これそんなこと考えて作ってたんだ!!」

今でこそ左利き用の事務用品や刃物などがありますが
そんなものがなかった昔は、
右に矯正されたせいで不器用に拍車が掛かった左利きもいたはずです。
否。個人的にだが確実にいたと信じたい(苦笑)

私は矯正された左利きなので、訓練されたものは右手、
日常での素の行動は左手です。
実例を挙げるなら刃物や箸などの道具を持つのは右手、財布からカードを出したり
お菓子をつまんだり、ハンバーグ種を捏ねたりするのは左手です。
腕時計はどちらの腕につけても邪魔になるのでもう使っていません。

世の中が右利き用の設定なので事ある毎に不器用と言われるのですが、
両手にペンを持った状態で左手では鏡文字(左右反転文字)を書いたり、
左手で早打ち対応電卓を使いながら右手で筆記していたりすると
あんた器用だねと言われます。
(どちらも練習した覚えはありませんが、昔から普通にできます。)

そこだけ聞くと「左利きって便利じゃん?」と思うかも知れませんが
それ以上に左利き故に苦労してきてます。

昔は右と左の区別が本当につきませんでした。
20歳過ぎて自動車教習所に通っていた時も、毎回右と左を間違えており
「なんでこの歳になってまだ右と左が分からないんだろう、
 私は本当にアホの子なんじゃないだろうか」と真剣に悩んだ時期もありました。
思い余ってそのことを母親に相談した時、母親が衝撃のカミングアウト。

母「そりゃそうでしょ。あんた昔は左利きだったもの」
私「はあ!?」
母「知らなかったの? あんたと弟は左利きよ?」
私「いや弟は知ってたよ、あいつ左手で箸持ってるし。
  つか私も左利きだったのか!? 聞いたことないんだが!?」

しば「ってことで、私20歳過ぎて初めて自分が左利きだって知っ…」
「いやそれあり得ないwwww なぜもっと早く気付かなかったwwww」
「遅いわwww もっと早くおかしいと思えwww」
しば「え、じゃあみんなもっと早く自分が左利きだって自覚あったの!?」


自分が左利きだっていう自覚がもっと早くにあれば、
具体的には教習所に通う前に自覚できていれば、
補習17回(追加料金約10万円)もつくほど苦労しなかったのではないのかと思うと
妙に悔しくなった雑談会でした。

でも、そんな早くに自覚できるものなのか?
古すぎて矯正されてた時の記憶はないし、
物心ついた時に右手に箸持ってれば、自分は右利きだって思うんじゃないの?
スポンサーサイト

コメント

最近はサウスポーというナウい名称ですよね

人に言われて自覚するもんでしたっけ、利き腕て(

いっそ、落ち放題の合宿にしていれば・・(涙

ナウなヤングのしばこさん

元であろうとなんであろうと利き腕だからといって握力が強いって事も無いのかなーって気が何となくするので多分、りんごを握りつぶした左手と、石炭を握りつぶしてダイヤモンドを作り出した右手を見て、右手が利き腕だ! と思ったんじゃないかなぁとしばこさんを考察してみました。
多分合ってる。

いや気付かなかったわ

だって矯正された記憶はなかったし、
指先での細工は苦手でしたが
箸は右手で綺麗に使えてたし、
ちょっと不器用なだけの右利きなんだと
20年以上疑いもせず信じてましたよ。

今にして思えばね。
高校の時だったかな?
スポーツテストか何かで握力測った時に
右の方が少し強かったのですが、ほとんど差がなかった時点で
おかしいと思うべきだったのかも知れませんが。

社会人になってからもう一度握力を測る機会があったのですが
その時も右36kg左34kgでほとんど差がなかったんですよね。

なんで社会人の時は数値までしっかり覚えていたのかと言うと、
私の次に測った後輩(女性)が、全力で握っても右15kg左9kgと
嘘のように小さな数字を出したからなんですね。
その時に吃驚したのか思わず大声で
「先輩36kgとか強い!!」と公開処刑されたからなんです。
(おかげで、適当にきゅっとしただけで
本気を出した訳ではないなどとは言えませんでした)

今はどれくらい握力あるんでしょうね?
流石にりんごを握りつぶすことはできませんが
珈琲のスチール缶をへこませるくらいなら
どっちの手でも多分できると思います。


どねさん>
あらお久しぶり。

いや逆に聞いてみたいですよ
「みなさんいつ頃ご自分の利き手を意識しましたか?」

本当に自覚なかったからあれだけ混乱したんでしょうね。
未だに口頭で右左を説明する時は間違えますもん。


少佐>
右の方が握力強かったから右利きなんだと思い込んだであろうことは
多分間違いありませんが、さらっと人外発言しないでくださいよwww
絶対合ってないからwww
そうであってたまるかwww

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。